➡️ [第1回] 全国自治体イクボス調査結果発表!

【イキマネコラムvol.12】「猫の目」を上手に活かせる企業が生き残る!?

[公開日] [最終更新日]2019/10/24

『イキマネ』とは、女性が「イキイキ」「活きる」マネジメントのこと。
組織の中で女性本来の良さが発揮できるマネジメントを目指すこの手法について、主婦力プロデューサーであり、株式会社オフィスat 専務取締役の阿部博美氏による連載記事を配信します。
(※)このコラムでは、イクボスを推進するプロジェクトメンバーによる寄稿記事を配信しています(記事一覧)。

 




あなたは地図を見る時、行く方向に合わせて地図をくるくると回しますか?

 

「回すなんてあり得ない、回すヤツはおかしいんじゃないか」と思った方は、「女性部下の話が長くてイライラする」という経験をお持ちではないでしょうか?

 

実は、地図をくるくる回すことと話が長いことには共通点があります。

それは行動の起点が「自分中心」であるということです。

 

地図を見る時に、自分を起点として左右どちらなのかを見ている人は、方向が変わるたびに地図を回すことになります。

また、話すときも自分の見える景色を追いながら話すので、どうしても時系列になりがちです。

すると遠くにある結論が後回しになり、さらには自分からよく見える目の前の事象を細々と説明することになり、上司をイラつかせてしまいます。

 

この対比を、私はいつも「鳥の目と猫の目」と伝えています。猫の目は圧倒的に女性が多いようです。

正確なデータはありませんが、私の体感として男性では少数派で、女性は7割くらいはいると思います。

 

鳥の目は、常にゴールを見据えながら話をするので、効率的に最短距離で行こうとしますし、それができます。

が、猫の目は、ゴールが見えないので話が横道に逸れがちですし、時には何の話をしているのかさえ忘れてしまうこともあります。

鳥の目からすると信じられないことでしょうが、猫の目は決して悪気があってやっていることではなく、ましてや頭が悪いわけでもありません。

 

じゃあ、猫の目を野放しにしておくのかというと、そうではありません。

効率を求めがちなビジネス界では、どうしても鳥の目が有効な場面が多くあります。

ですから、猫の目たちを少し鍛えてあげてほしいのです。横道に逸れてしまったら、時々首を掴んで持ち上げて、上からの景色を見せてあげてください。

「あ、しまった」と気づいて話を元に戻せるようになります。それを繰り返しているうちに、少しずつ鳥の目も持つことができるようになっていきます。

その時にお願いしたいのは、持ち上げながら「今のゴールは何だっけ?」と本人に気付かせるように仕向けることです。(3回目のコラムでも解説した「イルカ型」ですよ)

 

私はいつも女性たちに「結論ファースト」と伝えています。

まずは結論を先に話すということを意識するだけで、ずいぶん話し方は変わってきます。ぜひやってみてください。

 

今回の「鳥の目と猫の目」についても、いつもお伝えしているように、そこには違いがあるだけで良し悪しはありません。

もちろん、効率よく業務を行うためには鳥の目が有効ですが、それだけでは見落としてしまうような、小さくても重要なことを猫の目が見つけることもあるかもしれません。

ビジネス全体も、大量生産の効率重視から少量・細分化が進んでいますから、猫の目を上手に活かせる企業が生き残るのかもしれませんね。

 

ところで、最近は手元の地図を回さない女性が増えているそうです。特に若い人に多いのだとか。

それは、女性が男性化してきている・・・のではなく、スマホの地図が勝手にくるくる回るからだそうですが。

 

ちなみに私は地図を回す派です。

大きな居酒屋でトイレに行くと、帰り道を見失うことがあります。決して酔っているからではありませんよ。

来た時と左右が逆向きになるので。。。

もう理解していただけますよね?

 

 

このコラムでは、組織の中で起きがちなミスコミュニケーションを軸に、様々なポイントやコツをお伝えします。ぜひ違いを知って、新しい視点を楽しんでみてください。

そして、女性たちが存分に能力を発揮でき頼もしい戦力となることで、力強い組織となるためのサポートとなればと思います。

 




<阿部博美・プロフィール>

阿部博美株式会社オフィスat 専務取締役/主婦力プロデューサー。産業カウンセラー、キャリアコンサルタント。
大卒後人材派遣業に携わり、マスコミ・イベント業界を中心にした派遣の営業・マネジメント・教育を経験。登録のために面接した女性の数は数千人を越え、適材適所と女性のマネジメント術を身につける。社内異動によりマスコミの広告営業を経て、2003年女性視点に焦点を当てたマーケティング会社に転職。その後独立を経て2014年に株式会社オフィスatを福岡市で共同創業。マーケティングを切り口としながら、企業×女性×社会の三方よしをテーマに事業展開を行っている。2012年NPO法人ママワーク研究所設立メンバー。「女性と仕事」が一貫したテーマ。