➡️ [第1回] 全国自治体イクボス調査結果発表!

【イキマネコラムvol.5】優秀な女性部下の突然の「会社辞めます」にどう対応するか?

[公開日] [最終更新日]2019/07/11

【イキマネコラムvol.5】優秀な女性部下の突然の「会社辞めます」にどう対応するか?

『イキマネ』とは、女性が「イキイキ」「活きる」マネジメントのこと。
組織の中で女性本来の良さが発揮できるマネジメントを目指すこの手法について、主婦力プロデューサーであり、株式会社オフィスat 専務取締役の阿部博美氏による連載記事を配信します。
(※)このコラムでは、イクボスを推進するプロジェクトメンバーによる寄稿記事を配信しています(記事一覧)。

 




ある日、優秀な女性部下が「辞めたい」と言ってきました。

あなたはどうしますか?

 

「辞めたい」とまで言ってくるのは、きっと最終決断だろう。

よっぽど考え抜いてのことだろうから、もう引き留めても無駄か。

 

あなた「もう気持ちは変わらないんだね?」
部下「はい」
あなた「そうか」

 

ちょ、ちょっと待ってください!!

そんなに簡単に引き下がってはいけません。

 

再考の余地はないと言われても、ゆっくりじっくり話を聞いていくうちに、解決策が出てくるかも知れません。

「君の力が必要なんだよ」と言われれば、考え直すことだってあるかも知れません。

 

「武士に二言はない」のは男性的思考であって、女性には二言も三言もあります。

男性ほどプライドに縛られない女性は、前言撤回することをあまり恥ずかしいと思っていません。

ですから、納得する答えが自分の意見と違っていれば、自分の考えを曲げて「ごめんなさい」と謝ることはそう大きな問題ではありません。

 

「辞めたい」と思っていたものの、そんなに引き留めてくれるのならもう一度考えてみようかな、と心が動くこともあるのです。

意外とまだ迷っているのに言ってしまった、なんてこともあるのです。

女性の発言はすぐに鵜呑みにせず、せめて一度は聞き直してみることをおススメします。

【イキマネコラムvol.5】優秀な女性部下の突然の「会社辞めます」にどう対応するか?
 

これと同じように、「リーダーやってみないか?」に対して、「いえいえ無理です」と言われた時も同様です。

※これについては、以前お伝えした「ハッタリ率の違い」もあります。

🔗【イキマネコラムvol.2】「女性にもっと活躍してほしい」経営者のホンネと働く女性の実情

 

「女心と秋の空」というように、女性は気持ちが揺れやすい生き物です。

それはホルモンバランスのせいもあると思うのですが、ここでは詳しく述べません。

ただ、変化することは悪いことではなく、今の最善に向かって柔軟に変化できると捉えていただければ、男性ばかりの組織では出てこない感性が生きてくると思います。

 

 

このコラムでは、組織の中で起きがちなミスコミュニケーションを軸に、様々なポイントやコツをお伝えします。ぜひ違いを知って、新しい視点を楽しんでみてください。

そして、女性たちが存分に能力を発揮でき頼もしい戦力となることで、力強い組織となるためのサポートとなればと思います。

 




<阿部博美・プロフィール>

阿部博美株式会社オフィスat 専務取締役/主婦力プロデューサー。産業カウンセラー、キャリアコンサルタント。
大卒後人材派遣業に携わり、マスコミ・イベント業界を中心にした派遣の営業・マネジメント・教育を経験。登録のために面接した女性の数は数千人を越え、適材適所と女性のマネジメント術を身につける。社内異動によりマスコミの広告営業を経て、2003年女性視点に焦点を当てたマーケティング会社に転職。その後独立を経て2014年に株式会社オフィスatを福岡市で共同創業。マーケティングを切り口としながら、企業×女性×社会の三方よしをテーマに事業展開を行っている。2012年NPO法人ママワーク研究所設立メンバー。「女性と仕事」が一貫したテーマ。