➡️ [第1回] 全国自治体イクボス調査結果発表!

【イクボス宣言】さいたま市の市長、副市長以下幹部職員38名がイクボス宣言

[公開日] [最終更新日]2017/04/22

【イクボス宣言】さいたま市の市長、副市長以下幹部職員38名がイクボス宣言(画像:時事通信社)

平成28年9月5日、さいたま市の市長、副市長以下幹部職員38名がイクボス宣言を行いました。埼玉県内の自治体では初の宣言となります。

こちらが「さいたま市役所 イクボス宣言書」。

(1)育児・介護等の支援制度を理解し、制度を活用する職員を応援します。
(2)「働き方の見直し」の必要性を理解し、業務の効率化や共有化、意思決定の迅速化など、業務改善を積極的に推進します。
(3)自ら、仕事と私生活を楽しみ、仕事と生活の調和を実践します。

拡大してみる(PDF 3ページ目)

さいたま市では今年11月末までに、全管理職職員859名がイクボス宣言を行う予定。今後のスケジュールなど詳細は、下記の同市のページをご覧ください。

 

【リンク】