➡️ [第1回] 全国自治体イクボス調査結果発表!

【イクボス宣言】新潟市長はじめ幹部職員ら53人がイクボス宣言

[公開日] [最終更新日]2017/04/30

20160607-00000040-mai-000-1-view(写真: 毎日新聞)

平成28年6月6日、新潟市の篠田市長や副市長、部長級以上の幹部職員らがイクボス宣言を行いました。

宣言式には53人が出席、「部下の育児・介護・家事などの家庭生活と仕事の両立を応援」「自らも実践者として充実した人生を楽しみ、新潟暮らしを満喫する」などと書かれた宣言書に署名しました。

新潟市イクボス宣言

私は、自らがイクボスとなることにより、充実した生活を送ることができる働き方改革に取り組み、部下のキャリアや人生を応援します。

 

  1. 職員のワーク・ライフ・バランスを考慮し、育児・介護・家事などの家庭生活と仕事を両立できるよう応援します。
  2. 職員の家庭生活の充実とともに、自己啓発や地域貢献(ボランティア活動など地域の担い手としての役割)を応援します。
  3. 組織力を高め、業務効率を上げることで仕事の成果を出し、市民サービスを向上させます。
  4. 自らもワーク・ライフ・バランスの実践者として、充実した人生を楽しみ、新潟暮らしを満喫します。

新潟市イクボス宣言書[PDF]より)

メディア紹介

同市のイクボス宣言については、下記のメディアでも紹介されています。
 

なお篠田市長は、前日の5月31日に名古屋での指定都市市長会議の際にイクボス宣言しており、その翌週に今回の管理職による宣言式を行い、組織をあげて働きやすい環境をつくっていくことを誓いました。

これからの新潟市の動向に注目しましょう!

 

【リンク】
 


投稿者:川添 祐樹
投稿者:川添 祐樹
イクボスドットコム編集長
NPO法人ファザーリング・ジャパン会員